公益社団法人日本バレエ協会

Home > 公演 > 2022都民芸術フェスティバル参加公演「ラ・エスメラルダ」全幕

2022都民芸術フェスティバル参加公演「ラ・エスメラルダ」全幕

2021-11-19 カテゴリ公演 タグ

イチョウ

2022年3月5日・6日(マチネ・ソワレ)に、東京文化会館にて2022都民芸術フェスティバル参加公演「ラ・エスメラルダ」全幕を開催致します。

開催日:3月5日(土)18:00開演(17:15開場)

    3月6日(日)<マチネ>13:00開演(12:15開場)

          <ソワレ>18:00開演(17:15開場)

会場:東京文化会館 大ホール
主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団
協賛:チャコット株式会社

振付指導:ユーリ・ブルラーカ
振付助手:フョードル・ムラショフ
バレエミストレス:佐藤真左美
         角山明日香

舞台監督:森岡 肇
照明デザイン:沢田 祐二
音 響:矢野 幸正(アートスタジオY’s)
衣 裳:吉田 牧子(タウンステージ)
衣裳装置:NBAバレエ団
     法村友井バレエ団
     タウンステージ
舞 台:東宝舞台株式会社
総監督:岡本 佳津子
制作担当チーフ:本多実男
補佐:江藤勝己、前田藤絵

録音音源使用

【 チケット発売日 】2021年12月8日(水)~
S席 10,000円 A席 8,000円 B席 6,000円
★チケット販売に関しましては、本ページ最下段をご覧下さい。

2022都民芸術フェスティバル 公式サイト
https://tomin-fes.com/list/ballet03.html

公演チラシの閲覧はこちら

<振付・指導>ユーリ・ペトロヴィチ・ブルラーカ

ユーリ

 

 

 

 

 

 

 

 

1968年モスクワ生まれ。モスクワ・バレエ学校卒業の後、ヴァスティフラフ・ゴルディーエフ率いるモスクワ・ロシア・バレエ団に入団、ソリストとして活躍、くるみ割り人形の王子、コッペリアのフランツ、ラ・シルフィードのジェームス、騎兵隊の休息のピエール等を踊る。
その後、2007年以降は同バレエ団の芸術監督に就任。
またモスクワ舞台芸術アカデミーを優秀な成績で卒業、2003年からは同校の振付とバレエ史の上級講師、2015年からは科学的方法論科の副部長を務める。
2009年から2011年までモスクワ・ボリショイ劇場にて、2017年からはサマーラ・オペラ・バレエ劇場の芸術監督を務める。
その他、エカチェリンブルグ、チェリアビンスク、ペルムの各劇場、ベルリン国立バレエ、ワガノワ・バレエ・アカデミー等で振付を担当。
歴史的な古典バレエに精通し、2009年にはモスクワ・ボリショイ劇場バレエ団のためにワシリー・メドベーデフと共にプティパ版「ラ・エスメラルダ」を、2019年にはマリンスキー劇場バレエ団の為にユーリ・スメカロフと共にプティパ版「パキータ」を復元振付。またバレエに関する学術論文を多く執筆するなど現代ロシアを代表するバレエ史研究家でもある。

<振付助手>フョードル・ヴィクトロヴィチ・ムラショフ

ムラショフ

 

 

 

 

 

 

 

 

2001年、ワガノワ・バレエ学校卒業。卒業と同時にマリンスキー劇場バレエ団に入団。
レパートリーとしては「眠れる森の美女」の長靴を履いた猫、「白鳥の湖」のナポリ、「くるみ割り人形」の中国、トレパック、「ライモンダ」のサラセンの踊り、「バヤデルカ」の苦行僧、「ドン・キホーテ」のロマの踊り、「ロミオとジュリエット」のキャピュレット家の郎党、モンターギュ家の郎党などがある。

<キャスト>

3月5日

米沢唯 クレジット「安海関ニ」

<エスメラルダ>
米沢 唯* ©安海関二

中家正博

<フェブ>
中家 正博*

木下嘉人

<グリンゴワール>
木下 嘉人*

 

 

 

 

 

 

 

 

*…新国立劇場バレエ団所属

3月6日<マチネ>

川島麻実子

<エスメラルダ>
川島麻実子

林田翔平

<グリンゴワール>
林田 翔平

キム・セジョン

<グリンゴワール>
キム・セジョン*

 

 

 

 

 

 

 

 

*…東京シティ・バレエ団所属

3月6日<ソワレ>

白石あゆ美

<エスメラルダ>
白石あゆ美

Naoki Hashimoto

<フェブ>
橋本 直樹

清水健太

<グリンゴワール>
清水健太

キャスト一覧(ソリスト)

エスメラルダ <美しいロマの娘>
米沢唯/川島麻実子/白石あゆ美

フェブ・デ・シャトペール <警邏隊将校>
中家正博/林田翔平/橋本直樹

ピエール・グリンゴワール <貧しい青年詩人>
木下嘉人/キム・セジョン/清水健太

クロード・フロロ <ノートル・ダム大聖堂の大司教>
遅沢佑介/村山亮/小林貫太

カジモド <大聖堂の鐘楼守>
奥田慎也(全日)

クロパン・スリフトゥ <浮浪者集団のボス>
荒井英之/荒井成也/小山憲

フルール・ド・リス <フェブの婚約者>
玉井るい/平尾麻実/渡久地真理子

メゲーラ <ロマの女ボス>
金田あゆ子(全日)

アロイサ・デ・ゴンデロリエ <リスの母親>
テーラー麻衣(全日)

ダイアナ <リスの友人>

清水あゆみ/田山修子/佐々木夢奈

ベランジェ <リスの友人>

岩根日向子/吉田まい/加納佑紀

アルベール <フェブの友人>

吉瀬智弘(全日)

フローラン <フェブの友人>

貫渡竹暁(全日)

ディアナ
飯塚絵莉/根岸莉那/古尾谷莉奈

アクテオン
藤島光太/二山治雄/牧村直紀

エスメラルダの友人

橋元結花/細井佑季/森田真帆/渡辺幸(5日)

伊藤舞/小野麗花/川澄藍/須貝紗弓(6日マチネ)

石橋沙也果/上杉しおり/酒井友美/清水美帆(6日ソワレ)

1・3幕ワルツ <ソリスト>

大木満里奈/中村彩子/深山圭子

 

※トリプルキャストは5日、6日マチネ、6日ソワレ出演の順に記載

 

ラ・エメラルダ<あらすじ>

舞台は15世紀末のパリ

第一幕一場 <貧民街の広場>

盗みや恐喝を生業とする浮浪者や物乞い、酔っ払いの群れなど貧しい人々で満ちた日没前の場末の広場、そこに偶然迷い込んでしまった貧しい詩人のグリンゴワール。
早速、凶徒の群れはグリンゴワールから金目の物を奪い取ろうと襲いかかりますが、グリンゴワールは彼らにとって一銭の価値も無い詩集以外の何物も持っておらず、こんな奴は殺してしまえということになってしまいます。
首にロープをかけられ、必死に命乞いするグリンゴワール。そのとき群れのボスのクロパンが奇妙なルールを持ち出しました。すなわち誰であれこの男との結婚を承諾する女がいれば、その女はこの男を助けることができるというもの。
必死で周囲の女たちに訴えるグリンゴワール、しかし女たちは一笑に付して誰も相手にしません。
そこに現れたエスメラルダは不運なグリンゴワールを哀れみ、彼と結婚すると言ってしまいます。クロパンは彼らの習慣に従って陶器の水差しをグリンゴワールに渡し、それを壊して破片の数の年数だけ結婚を続ける様に言います。
破片の数は4つでしたが、命が助かっただけでなく美しいエスメラルダと結婚できるグリンゴワールは抑えきれない喜びに満たされ、広場では結婚を祝う歌や踊りが繰り広げられます。
そこに大聖堂の司祭フロロが現れ、エスメラルダに邪(よこしま)な視線を送っています。やがて陽も落ち、誰もいなくなった広場でフロロは鐘楼守のカジモドにエスメラルダを拉致する様に命じます。
カジモドは拒否し、逆にクロパンの手下たちに襲われているエスメラルダを助けます。
しかし、そこにかけつけた隊長フェブに率いられた警邏隊によってカジモドが犯人として囚われてしまいます。
フェブは美しいエスメラルダに一目ぼれし、エスメラルダもまたフェブに魅かれ、フェブは身に付けていた高価なスカーフをエスメラルダに贈ります。
カジモドはエスメラルダの証言で誤解が解けて解放されますが、彼もまた美しいエスメラルダに魅かれているのでした。

第一幕二場 <エスメラルダの部屋>

エスメラルダはすっかりフェブに夢中になり、そのスカーフをまとって文字盤からフェブのスペル<ФЕБ>を選びだして床に並べ、その前で踊ります。
そこにグリンゴワールがやってきてエスメラルダを抱きしめようとしますが、彼女は私は貴方を死から救ってあげただけで決して本当の妻になるつもりは無いのだと宣言します。そして、貴方はこれからロマのダンスを学んで私達と一緒に踊りの見世物をやって生きて行くしかないのだと諭します。
エスメラルダはそれから彼を別室に追いやって休みますが、そこにフロロがカジモドを伴って現れ、エスメラルダに自分の情熱的な愛を訴えます。
エスメラルダは私が魅かれているのはフェブだとそれを強く拒み、逆上したフロロはエスメラルダに襲い掛かります。エスメラルダは身を守るために忍ばせていた短剣を引き抜きますがカジモドに止められ、部屋から逃げ去って行きます。

第二幕三場 <アロイサの屋敷>

フェブにはフルール・ド・リスという婚約者がおり、今宵はリスの母親アロイサの壮大な屋敷で盛大な宴が催されています。
花籠を持った娘達の踊りや、ギリシャ神話の狩猟の処女神アルテミス(ディアナ)とアクタイオーン(アクテオン)の踊りなどが披露されるなかフェブはフルール・ド・リスに指輪を送り広間は歓喜に包まれます。そして余興に踊りを見て楽しむために呼ばれたロマの一団が広間に招き入れられますが、その中にはエスメラルダとグリンゴワールもいました。
エスメラルダはフェブがリスの婚約者と知って悲しみにくれますが何とかその場を踊り切り、グリンゴワールに寄り添われてその場から去りかけます。
それを見て今度はリスが衝撃を受けます。
グリンゴワールが失意のエスメラルダの肩にかけてやったスカーフは、かつて自分がフェブに贈ったスカーフだったからです。

第三幕四場 <エスメラルダの部屋>

クロパンがエスメラルダの部屋の中を盗み見ることができる隠れ場所をフロロに教えています。
部屋に戻って沈み込んでるエスメラルダをフェブが訪ねて来ました。二人は激しく愛し合いますが、それを盗み見ていたフロロは嫉妬に狂って前にエスメラルダが落とした短剣を拾ってフェブを背後から刺してしまいます。
悲しみにくれて取り乱すエスメラルダにフロロは凶器の短剣を示し、これはお前のものだろう、私の女になるなら黙っていてやろうと脅します。
拒絶するエスメラルダ。
そこでフロロは金で抱き込んだ判事に犯人はエスメラルダだと告げ、エスメラルダは否定もむなしく警吏に連行されて行きます。

第三幕五場 <刑場前の広場>

刑場に引かれて行くエスメラルダを群衆が見送っています。人々は不幸なエスメラルダに同情しています。
そこに太鼓が鳴り響き、道化の一座が現れておどけた踊りを披露します。
死刑台の前に連れてこられたエスメラルダ。
再びフロロが歩み寄って私の女になるなら助けてやろうと囁きますが拒絶されます。
裁判官は死刑をあらためて宣告しますがその瞬間、フェブが国王の赦免状を手に飛び込んで来ました。彼は深手を負ったものの生きていて犯人はフロロだと告げます。
怒ったフロロは短剣を手にエスメラルダを殺そうとしますが、カジモドに短剣を奪われて逆に刺され、橋の下に突き落とされます。
人々に喜びが戻り、エスメラルダは最初は恐れていたカジモドに深い感謝を捧げるのでした。

【 チケット販売窓口 】販売開始日:2021年12月8日~

・日本バレエ協会
↳TEL:03-6304-5681(受付時間 平日10:00~17:00)
日本バレエ協会事務局取扱いの残券状況につきましては<こちら>をご参考ください

・(株)インプレシオン
↳TEL:03-6312-4098(受付時間 平日10:00~18:00)

・東京文化会館チケットサービス

↳TEL:03-5685-0650(窓口10:00~19:00 電話は18:00まで)
https://www.t-bunka.jp/stage/

・チケットぴあ
https://t.pia.jp/(Pコード:509-739)

・イープラス
https://eplus.jp/

 

日本バレエ協会・(株)インプレシオンにてチケットをご購入いただいたお客様は、チケットの裏にお名前・ご住所・連絡先(お電話)・座席番号「〇階、〇席、〇番」を、あらかじめご記入いただきますようお願い申し上げます。

 

【当日券】公演当日までの残券を会場入口にて開場30分前より販売

【当日割引】18歳未満の方、専門学校生を含む学生の方、65歳以上の方は年齢。身分のわかる証書をご提示いただきますと各席とも2,000円オフでご購入頂けます。(当日券のあらかじめのご予約は出来ません。公演当日に残存している券の販売になりますので席種によっては完売している場合もございます。予めご了承下さい。)

【障害者割引】当日会場にてご購入いただいたチケットと一緒に身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示頂くことで、割引分の2,000円をご返金致します。

【車椅子/車椅子介助者席】車椅子席 5,000円(S席相当、一階最後列車椅子スペースにて)
介助席 3,000円(車椅子席のお隣、折りたたみ椅子でのご鑑賞となります)
※日本バレエ協会のみでの販売となります。お電話でお申し込みください。尚、車椅子をお降りになって一般席でご鑑賞の場合は通常チケットをご購入頂きます。
※身障者割引と車椅子割引、当日割引の併用は承りませんので悪しからずご了承ください。
また介助者席のみの販売は致しませんのでご了承ください。

 

 

【主催者からのお願い】

・本券は表記の指定日時に1人1回限り有効です。
・ご入場前に半券を切り離すと無効となります。また公演終了時まで本券はご携帯下さい。
・4歳未満、乳幼児同伴でのご入場はご遠慮下さい。お子様を膝の上に抱いてのご鑑賞の場合でも、お子様分のチケット代はお支払い頂きます。
・会場内でのビデオ撮影、カメラ、携帯電話等による写真撮影並びに録音は固くお断り申し上げます。
・携帯電話の電源は必ず切ってご入場願います。
・所定の場所以外での喫煙はお断り申し上げます。
・会場内では係員の指示に従って下さい。

 

 

【新型コロナウイルス感染症防止対策上のお願い】

・体調のすぐれない方は、ご来館をお控え下さい(37.5度以上の発熱がある方、発熱、咳やくしゃみ、喉の痛み、身体のだるさなど、風邪の恐れのある方等)。またPCR検査で陽性とされた方との濃厚接触がある方、過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある方もご来館をお控え下さい。

・指定された座席以外のお席への移動はなさらないで下さい。

・ロビーでのご歓談は極力ご自重下さい。

・必ずマスクを着用のままご鑑賞下さい。

・歓声はご自重下さい。また“ブラボー”のお声掛けはなさらないで下さい。

・ロビーでは飲料以外のフード類をお召し上がりにならないでください。客席は飲食禁止です。

・ロビー、トイレでの整列時や退館時のソーシャルディスタンスの確保をお願い致します。また係員の指示には従って下さい。

・閉演後はロビーに滞留、お待ち合わせ等なさらずに速やかにご退出願います。また楽屋口での出待ちは禁止させて頂きます。

・出演者などへの花束、プレゼントはお預かり致しませんのでご持参はお控え下さい。ロビー、スタンド花もお断り申し上げます。

・感染状況、或いは国家・官公庁・地方自治体等公的機関の要請により本公演は中止の可能性、又は開演時間変更の可能性がございます。必ず3月に入りましたら日本バレエ協会ホームページで公演状況をご確認下さい。

・公演中止の場合はチケット代金の払い戻しに応じますので本券は保存して下さい。また払い戻しせず当協会へのご寄附として頂ける場合は減税制度がございます。詳しくは文化庁、国税局のホームページをご覧下さい。公演中止による払い戻しにつきましては日本バレエ協会ホームページでご案内差し上げます。